副作用のグレードについて


サイトマップ
抗がん剤治療の副作用対策情報局


抗がん剤の副作用> 副作用のグレードについて

副作用のグレードについて

副作用のグレードについて
残念ながら、抗がん剤治療によって体力が衰え、死亡してしまうこともありえることです。
「肺がん治療薬イレッサ」の薬剤事件はニュースとしても取り上げられており、ご存知の方もいらっしゃると思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
抗がん剤副作用被害の救済制度は見送り 厚労省検討会「結論出せる段階にない」
産経新聞 7月13日(金)12時39分配信
-----------------------------------------------------------------------------------------------
抗がん剤の副作用による健康被害を受けた患者を救済する制度の検討を行ってきた厚生労働省の検討会は13日、「現時点では、制度の導入は結論が出せる段階にはない」として制度創設を見送る報告書の原案を示し、大筋で合意された。
救済制度については、肺がん治療薬「イレッサ」の副作用をめぐる損害賠償訴訟で昨年1月、国が裁判所の和解を拒否した際に、導入検討を表明していた。
現行の医薬品副作用被害救済制度は、医薬品の副作用で障害が残ったり、死亡したりした場合、最大約3千万円の医療費や見舞金が支給されるというもの。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が製薬会社から拠出金を集め運用しているが、抗がん剤の副作用は、相当の頻度で重い副作用の発生が予想されることなどから対象外となっている。
報告書案では、抗がん剤の副作用は、がんの症状や放射線治療の副作用などとの区別が難しく、緩やかに救済対象を判定すると、範囲が広がりすぎる恐れがあると指摘。訴訟リスクや拠出金コスト増の懸念から、製薬企業が日本での抗がん剤の開発・販売に消極的になる可能性もあるとした。
また、放射線治療や手術による健康被害を受けた患者や積極的な治療を望まない患者との間で不公平感が生じる▽抗がん剤の副作用に関する因果関係や適正使用などを判定するには専門知識のある人材が多数必要で、医療現場のがんの治療体制が手薄になる−などとし、現時点では、導入の結論は出せないとした。
一方で、抗がん剤の使用実態や副作用の発生頻度など基礎的なデータがそろってないことにも言及。今後、制度導入をより具体的に検討する際には、データの収集・分析の体制整備を図るとともに、抗がん剤治療の進展やがん対策の進捗状況なども踏まえ、議論を深めるべきだとしている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
他にも、抗がん剤治療の副作用で心配される症状は、貧血、または白血球、血小板が少なくなってしまう血液毒性、それに伴う感染症、出血などがあります。

また、心毒性になることで重症な不整脈、心不全を引き起こすこともあります。
腎毒性が引き起こす腎不全、肝毒性でなってしまう肝不全、そして消化管粘膜障害によって起こされる腸炎などが死亡に繋がるケースがあります。

抗がん剤治療に伴う副作用のグレードについて、段階として「0」から「5」までの6段階で示されています。
この副作用の段階が上がるに連れて、抗がん剤投与により死亡してしまうリスクが強くなるということになります。
アメリカには「National・Cancer・Institute」、通称NCIと呼ばれる機関があり、このNCIが定めている「有害事象判定基準」というものがあります。
この基準に基づき、抗がん剤の有害事象が評価されます。
この基準で定められているグレードとしては、「0」から「5」までの6段階の評価があり、グレード「0」が正常な状態で、上になるほど危険で、グレード「5」が死亡ということになります。

■6段階のグレード

■6段階のグレード
抗がん剤治療を始めて何も副作用の症状が出ない場合や、なんとなく調子が良くないが、薬がいらない状態であり、数日経過したら収まる程度のものはグレード「0」又は「1」となります。
このケースであれば、患者は副作用を我慢しながら、抗がん剤治療を続行することが出来ます。

グレード「2」は、副作用の症状に、薬を飲むなどの処方、処置が必要になってくるケース、又は抗がん剤投与を中断したり、次回投与を延期したりする必要があるケースです。

グレード「3」は、更に副作用がひどい状態になり、グレード「5」では死亡してしまいます。
抗がん剤治療における副作用の重度は、血液検査の結果や自覚症状で計ったりします。
血液検査などであれば、数字として示されるため一定した結果が得られますが、自覚症状で判断するのは個人差があり、お医者さまの判断や自己申告による影響が大きくなります。

抗がん剤の効果よりも、副作用が先に出てしまうこともありますので、副作用が耐えられないほどつらいようでしたら、担当医に早めに申告することも大切です。

抗がん剤の副作用対策として人気の高い健康食品「フコイダン」とは?

■抗がん剤の副作用対策として人気の高い健康食品「フコイダン」とは?
フコイダンとは、硫酸多糖の一種でコンブ、ワカメ、モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれた食物繊維です。
フコイダンは海藻類に多く含まれ、わかりやすい表現手段として海藻のネバネバ成分と表現されることが多く、 1996年の日本癌学会で制癌作用が報告されてから健康食品として注目を浴びるようになりました。
フコイダンの作用機序として数多くの基礎実験や動物実験、さらに臨床の研究や実績によって、フコイダンの有する抗がん作用・抗腫瘍作用が確認されてきており、今後のがん代替医療にフコイダンが果たす役割に医療従事者のみならず、患者である医療消費者、産業界も多大な期待を持っています。
フコイダンが現代医学のガン治療に使われている抗がん剤と異なるのは、抗がん剤が癌細胞を外から叩いて殺すことを目的としているのに対し、フコイダンは複数の作用機序をもってガン細胞や人体に働きかけ、細胞の退縮や休眠へと導くところにあると考えられています。
その複数の作用機序というのが、このカテゴリで扱う「アポトーシス誘導作用」と「免疫賦活作用(抗がん剤の副作用抑制作用)」、そして「血管新生抑制作用」なのです。
それぞれの作用を、もう少し詳しく表現すると以下のようになります。

【アポトーシス誘導作用】
  ガン細胞にだけ直接的に働きかけ、アポトーシス(細胞の自然な消滅)機能が失われた
  ガン細胞を自滅へと導く。

【免疫賦活作用】
  体の免疫力を高めて、がん細胞の活動を抑え、増殖した細胞を縮小したり、
  休眠状態へと導く。

【血管新生抑制作用】
  ガン細胞周辺に血管が新しくつくられるのを阻害し、ガン細胞への栄養補給路を
  絶ったり、転移するのを抑制する。

利用者の感想(楽天市場商品レビュー)



この商品のお買い求め・詳細ページ




今売れている抗がん剤副作用対策アイテム

抗がん剤の副作用対策
に健康補助食品
抗がん剤治療の副作用対策情報局
おすすめ商品@
抗がん剤の副作用による
脱毛に医療用帽子
抗がん剤治療の副作用対策情報局
おすすめ商品A
抗がん剤の副作用対策
として食事の工夫方法
抗がん剤治療の副作用対策情報局
おすすめ商品B
抗がん剤治療中に口内を
傷つけない為の口内洗浄液
抗がん剤治療の副作用対策情報局
おすすめ商品C
抗がん剤治療中の脱毛に
医療用かつら(女性用)
抗がん剤治療の副作用対策情報局
おすすめ商品D